マンション維持のために必要な修繕工事は必ず行いましょう!

大きな窓

マンション工事の目安と大変さを知ろう

工事をする作業員

新築のマンションは壁や床も綺麗で、心も清々しい気持ちになります。しかし建物である以上徐々に劣化は進んでいきます。マンションの大家であるなら、修繕工事の目安と大変さは知っておく必要があります。
マンションにとって最もダメージが大きいのは紫外線です。特に屋上の防水塗装や外壁タイル等は強烈な紫外線を浴びることにより徐々に劣化が進むとの事です。見た目では変化がなくても、建物の規模にもよりますが、おおよそ10年を過ぎた頃から修繕工事が必要になると言われています。
ベテランの大家なら段取りもスムーズでしょうが、最初は戸惑う方が多いでしょう。住民への理解も得る必要があり、かなり早い段階で呼びかける必要があります。また専門業者へ依頼する事になりますが、実績や経験の多い業者でないと、雨漏り等の不備に気づかない事があります。大規模な修繕工事後に不備が見つかると住民から批判もあるかもしれません。見積もりや必要箇所の確認は複数の業者に確認しつつ、第三者的に判断するアドバイザー的な会社も必要になります。見積もり額やチェックした部分が異なる場合はしっかりと質問する方が良いです。工事は初回以降は耐震工事等、新たな工事が必要な時もあり、長期的にお世話になる業者が見つかると良いです。